こんにちは!千葉県袖ケ浦市に拠点を構え、関東エリアを中心に造園土木工事や造園メンテナンスを承っております有限会社グリーンマイスターです。
造園土木と聞くと堅いイメージを持たれると思いますが、弊社では庭木の伐採や剪定、庭のリフォームなどの造園にまつわる工事などを請け負っています。
また、庭の管理や公園など緑化工事もいたします。
造園工事は大変需要のある仕事です。
その造園工事に関わる造園職人の将来性はどうなのでしょうか。
今回は造園職人の将来性について説明したいと思います。

環境保全につながる

近年では環境問題やエコに対する強い関心、また地球温暖化の予防などから緑化工事が多く行われています。
戸建て住宅やマンションなどの庭造り、伝統的な日本庭園、また近年人気になっているガーデニングなど、緑化工事をする機会は多いです。
個人の庭などの緑化工事だけでなく、公共の公園や緑地、街路樹などの緑化工事なども増えてきています。
緑化工事は環境保全につながっており、それにより造園職人の将来性は期待大です。

若手の人材不足

造園工事の仕事は専門的な知識や技術が必要ですので、一人前の造園職人になるには長い年月がかかります。
はじめは見習いとして雑用から始め、あらゆる現場を経験して技術を習得することとなります。
ですから、若い人の中には仕事をきついと感じ、辞めてしまう場合が多くあるでしょう。
高度な技術を持つ造園職人は、高齢化しつつあります。
つまり、造園工事の世界では常に若手が少ない傾向にあります。
造園業では若手の人材を欲しているので、造園職人の需要は高いと考えていいでしょう。

活躍できるチャンスが多い

造園工事業は、今後需要が高まりつつあります。
前述したように、地球温暖化防止の観点から緑化工事が増えているからです。
公園、緑地、街路樹など公共からの需要も多くあり、また商業施設の造園など、大手会社からの受注も増えつつあります。
加えて、個人宅の庭造りなども増加傾向です。
造園職人は専門的な技術を要するので、あらゆる現場で活躍できるチャンスが多くあります。
つまり造園職人はとても将来性のある職業だといえます。

【求人】グリーンマイスターでは新規スタッフを募集中!

自然が好きな方、ものづくりが好きな方、剪定の魅力に触れてみたい方は弊社で働いてみませんか?
ただいまグリーンマイスターでは、造園職人として働いていただける新規スタッフを募集しております。
ご興味のある方はこの機会にぜひご応募ください。
また、弊社では未経験者の方も大歓迎です。
弊社はしっかりとした教育体制が自慢ですので、不安になる必要はございません。
お気軽に求人情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。