こんにちは!千葉県袖ケ浦市で、造園土木工事・造園メンテナンスを行っている有限会社 グリーンマイスターです。
今回は、造園土木工事の現場のマナーについて紹介していきます。
「初めての仕事だから、現場のマナーを知っておきたい」そんなふうに思っている人も少なくないでしょう。
造園土木工事の疑問を解決して、ぜひ造園職人としての将来をご検討ください。

ご依頼主さまへの対応は丁寧に


現場で作業をしていると、ご依頼主さまが様子を見にくることがあります。
たとえ仕事をしているときでも、ご依頼主さまには丁寧に対応するようにしましょう。
きちんとあいさつをして、親切な対応を心がけることが大切です。

ベテランの造園職人にあいさつする

現場に入った際は、ベテランの造園職人への丁寧なあいさつを意識してください。
それぞれに性格は異なりますが、現場で働いている造園職人の中にはとりわけマナーに厳しい人もいます。
そのためマナーに反した行動を取ると、チームワークに支障を来す可能性が0とはいえません。
仕事の現場では、特にマナーが重視されます。
仕事を教えてもらいやすい環境をつくるためにも、あいさつを徹底するようにしましょう。

現場を汚さないように注意する

造園土木工事では、木の枝や葉っぱが現場に散乱します。
木の枝や葉っぱをそのままにすると、せっかくきれいに植樹しても台なしになるので極力現場を汚さない工夫が必要です。
時間が空いたときは、なるべく現場を片付けます。
最後にもう一度見なおして、きれいな状態にすることを心がけましょう。
現場をきれいにするコツがあるので、迷ったときはベテランの造園職人に相談してください。

有限会社 グリーンマイスターで働きませんか


有限会社 グリーンマイスターでは、造園職人を求人募集しています。
造園にかかわる仕事に興味はありませんか。
造園の技術を覚えれば、さまざまな現場で働けます。
未経験者も技術を覚えれば活躍できる業界ですので、安心してご応募ください。
仕事でわからないことがあれば、会社が丁寧にサポートします。
私たちと一緒に、業界を盛り上げていきましょう。
お問い合わせは、お電話または求人情報ページから対応しています。
「造園に興味がある」「専門技術を身につけたい」「仕事を安定させたい」そんな人は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。