こんにちは!千葉県袖ケ浦市で、造園土木工事・造園メンテナンスを行っている有限会社 グリーンマイスターです。
今回は、「未経験者が知っておきたい!造園職人の1日とは」をテーマに、造園職人の1日に触れていきます。
「造園職人っていつも何をやっているの」そんな疑問を感じている人も少なくないでしょう。
ぜひ造園職人について詳しくなってください。

造園職人の1日

会社を出発する

メンバーと一緒に、会社から現場に向かいます。
出発時間は会社によって異なるため、間違いがないよう前日に確認しておきましょう。
トラブルが発生する可能性も考えて、早めに会社に到着しておくと安心です。
現場に到着したら、ご依頼主さまにあいさつしてください。

作業を開始

現場の状況を見極めるのも、造園職人の仕事なので必ず現場の安全を確認しましょう。
作業の邪魔になる障害物がある場合は、ご依頼主さまに許可を得てから取り除きます。
現場の確認が終わったら、それぞれが割り振られた作業を行います。
特に未経験者だと、最初はわからないことだらけかもしれません。
独断で行動せず、周囲に相談しながら作業することが大切です。

1日が終了

1日の仕事が終了したら解散します。
会社によっては、いったんメンバーで会社に戻って報告等を行っているケースもあります。
仕事が終了すると、ほかの造園職人にも余裕が出てくるので、わからないことがあれば積極的に質問してみてください。
「なぜあの作業が必要だったのか」「作業を早くするためには、どうしたらいいのか」といった今後の自分のためになる質問をしていきましょう。

有限会社 グリーンマイスターで働きませんか


有限会社 グリーンマイスターでは、造園職人を求人募集しています。
造園にかかわる仕事に興味はありませんか。
有限会社 グリーンマイスターは、造園土木工事・メンテナンス・管理など、さまざまな施工に対応している会社です。
有限会社 グリーンマイスターに就職すれば、多彩な現場を経験でき着実に技術が鍛えられます。
仕事でわからないことがあれば、会社が丁寧にサポートしますので安心してご相談ください。
お問い合わせは、お電話または求人情報ページから対応しています。
一緒に業界を盛り上げていきましょう。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。