こんにちは!
千葉県袖ケ浦市に拠点を構え、関東を中心とした各地で造園土木工事や造園メンテナンス業務を行っている、有限会社グリーンマイスターです。
今回は、造園業界への就職をお考えの方に向けて、造園土木工事の将来性についてご紹介してみたいと思います!

造園業界の将来性


ひと昔前に比べ、個人宅で広くて立派な庭を維持しているケースは年々少なくなっており、そういった点から造園業界で働くことに不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。
たしかに造園工事が必要でなくなっている箇所もありますが、逆に造園工事の重要性が高まっているところも!
特に公園や街路樹、公共施設での木々の剪定・植栽工事にはまだまだ一定の需要があり、木々の管理やメンテナンスという部分まで含めるとこれからもある程度需要はあると見込めるでしょう。
公共の場における木々のメンテナンスには、建物の全体の美観アップというメリットの他、見通しが良くなることによる防犯上のメリットがあり、これが重要視されているのです。
また、立派な庭園を維持するには負担が大きいけれど、個人的なガーデニングの人気は高まっており、「ガーデニングをしやすい庭に整備し直す」という工事も少なくありません。
こういった点から、造園土木工事の将来性はある程度明るいと言えるでしょう。

さまざまな工事に対応することが求められる

ある程度将来性があると言える造園土木工事業界ですが、この先も業務を行っていくためには注意点もあります。
それは、「さまざまな工事に対応できる人材になっておく」という点。
前述したように、造園土木工事業界は「個人宅での造園」の他にもたくさんの業務が存在しており、それらにできるだけ対応していくということが造園土木工事業界で生き残る上で欠かせないのです。

造園工事の現場スタッフを募集しています


ここまで、造園業界の将来性などについてご紹介してきました。
ただいま有限会社グリーンマイスターでは、今後の業務拡大に向けて造園土木工事の現場スタッフを大募集中!
造園工事は未経験……という方でも、弊社の充実した教育制度により、徐々にプロとしての技術を身に付けることが可能となっています。
資格取得を目指しながら働くことも可能!
「造園工事に興味がある」「バリバリ工事をして社会に貢献したい」という方は、ぜひ弊社の求人募集ページよりご応募ください!
お待ちしております。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。