こんにちは!
千葉県袖ケ浦市に拠点を構え、関東を中心とした各地で造園土木工事や造園メンテナンス業務を手掛けている、有限会社グリーンマイスターです。
今回は、これからの時代に造園工事の現場スタッフとして働き続けるために必要なことをご紹介してみたいと思います!
ぜひ参考にしてみてください。

造園工事の資格を取り技術を磨こう


造園業界を始め建設業界全体で言えることですが、工事に関する資格を取るというのは必要なことです。
造園工事に関する資格には「造園技能士」というものがあり、造園工事における木々の植栽や剪定・植物の取り扱いやその他工事に関する技術や知識があるということの証明になります。
また、造園工事の現場で工程管理や安全管理などの管理業務を行うための「造園施工管理技士」という資格もあり、こちらも難しいながらキャリアアップのための資格としておすすめです。
これらの資格を取り、同時に日々の現場で技術を磨く……ということを積み重ねることが、造園工事の現場スタッフとして働き続けるために必要と言えます。

多様な工事に関する経験を積もう

一口で「造園工事」と言ってもその内容はさまざまなものがあります。
個人宅における造園業務と公園における木々の剪定業務では、施工内容や手順・メンテナンス方法などに違いが出てくるはず。
いろいろな造園工事を手掛けている会社で現場に触れることで、さまざまな現場に応じた技術を身に付けられます!
対応できる工事を増やすことが、今後も造園業界で仕事を続けていく上で欠かせません。

グリーンマイスターでプロを目指しませんか?


ここまで、造園工事の現場スタッフとして働き続けるために必要なことをご紹介してきました。
資格を取って技術を磨くこと、さまざまな現場で経験を積むことが、今求められているんですね。
有限会社グリーンマイスターは造園工事に関する多種多様な工事を行っており、経験を積むのに最適な会社です!
未経験の方でも徐々にレベルアップできるよう教育体制も充実しており、働きながら資格取得を目指すことも可能。
ただいまグリーンマイスターでは業務拡大のため現場スタッフの方を大募集しており、未経験の方でも気軽にご応募いただけます!
「造園工事に興味がある」「造園工事を通して社会に貢献したい」「造園工事の経験を積みたい」という方は、ぜひ弊社の求人募集ページをご覧ください。
ご応募お待ちしております!

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。